前へ
次へ

弁護士になる資格とは

弁護士とは社会のさまざまなトラブルに対して法的な知識を用いて解決したり予防策をアドバイスする法律の専門家である。弁護士の資格は司法試験に合格して、最高裁判所の司法修習を修了した者にあたえられます。少し前までは誰でも制限なく司法試験を受験する事ができましたが、現在の司法試験制度では受験資格が必要となります。その1つは法科大学院を卒業する事です。もう1つは法科大学院卒業と同程度の知識を持っている事を測る司法試験予備試験に合格する事です。しかし司法試験を受験する資格を得たとしても、原則5年以内に司法試験に合格しなければならないのです。司法試験に合格した後は、最高裁判所の司法修習を1年受けて、最終試験に合格しなければならないのです。

Page Top