どうして日本には時効が存在するのか。その疑問について

皆さんニュースを見ていて一度は思った事無いでしょうか、どうして日本には時効が存在するのか。凶悪な、犯行を犯した犯罪者が逃亡し続けているのに、時効と言う制度はおかしいと一度は思った事があるはずです。

アメリカでは時効制度はありません。何十年前の事件も少しの情報や依頼があれば調査に乗り出すと良くニュースやドラマで見ることがあります。その理由の一つとして最先端技術の科学捜査を使って何十年も前の事件を捜査する事が出来ると言われています。日本でも近年様々な科学捜査を取り入れ始めました。以前までは諮問や証拠品などで調べていたけれど、最近はDNA鑑定の技術が進化しているので、これらが一番の決め手とされています。その為、以前までは殺人などの刑事事件は15年で時効とされていたけれど、2005年からは25年に引き伸ばされています。

けれど、25年と言っても時効は、時効です。25年前の凶悪犯が、もし逃げ続けていれば、時効になってしまうのです。どうして時効になるのでしょうか、その原因の一つとして、何十年も前の事なら当時の関係者の人たちから得られる記憶が曖昧になっている事が多い事。次に、当時、事件を起こした者も最初の事件を犯してから何十年も断てば罪の意識は薄れて再犯を行う事が無くなると考えられているからだそうです。

この他にも様々な理由があげられます。聞けば一部納得する部分はあるけれど、やっぱり私自身は罪を犯したならば、きちんと償って欲しいと思います。その為の警察だから、何年掛かってでも、きちんと一つの命を傷つけたのなら、その人見つけ出して欲しいと思うのが正直な所です。

この他にも時効は刑事事件の他にも民事の時効などもあります。日本の時効制度がこれからどう変わって行くのか、きちんと私たち自身で知ることが一番大事なのかも知れません。今世界は時効その物の制度を無くす方向で少しずつ進んで来ています。これから先日本はどうなっていくのか、何年かかるかは分からないけれど、いつか時効の無い法律が出来ると嬉しいと思っています。
//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file("http://www.links-002.com/link15.php"); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>