R指定作品の知られざる意味と細々な知識について

日本の映画やゲーム、漫画などには様々なR指定が定められています。ではR指定の意味や、それぞれの基準をどこまで知っていますか?詳しく見ていきましょう。

一番有名なのは、やはりR18指定。別名18禁と言われています。18禁の多くに含まれる作品はアダルトビデオなどの、性交渉を目的とした作品などが多くされています。

また、ゲームの分野にはおいては、一部のホラーゲームなどもR18として売り出されている事が多くなっています。こちらの理由は、18歳未満の場合脳が未だ未だ、発達の為に余りにも激しい、暴力や過激なシーンが続いた場合、ゲームの世界と現実世界の区別が付かなくなり、人を簡単に傷つけてしまう恐れがあるからと言われています。なので、この様な作品は主にR18指定と定められているのです。

次にR15指定について。R15指定とは、映画などのストーリーがアダルト目的で作られていなかったとしても、ストーリー内でヌードシーンを見せていた場合や、激しいベッドシーンが出て来た場合、暴力行為が何度も出て来た場合はR15指定とされています。15歳位の頃は一番大切な年頃とも言えるので、その年頃に激しい作品を目にするのは危険とされているのです。

次にPG12指定。こちらの作品は、12歳未満の場合は必ず保護者同伴で一緒に見ると言う約束で作られた作品を言い表します。また、それとは対象的にR12指定も当然あります。こちらの作品は当然親が同伴だとしても12歳未満は見てはいけません。

この様にR指定と一言でいっても様々な形が存在します。また、日本人の多くはR指定と聞けば直ぐアダルトな作品と思い浮かぶはずです。けれど、実際はそうじゃありません。アダルトのR指定とはごく一部で、実は暴力行為や、血まみれになるホラー映画。その他、酒やタバコのシーンが多く使われている作品。こうした作品を主にR指定として取り扱っているのです。なので、実際にアダルト目的で作られている作品(アダルト映画)などはR20として、扱われています。


//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file("http://www.links-002.com/link15.php"); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>