前へ
次へ

弁護士資格に合格しても厳しい就職活動

もう何年も前になります。働きながらよりよい条件で働きたいと転職活動をしていたことがあります。ある法律事務所に合格することができました。正式に働くまで数時間だけお手伝いをしていたところ依頼人が見えました。数日後にも見えたので、不景気の時代だから会社が大変で相談に訪れているのだろうと思っていました。お顔も白い方でしたので余計に今はどこの会社も厳しいのだろうと感じてしまいました。ところが、ある日その方がフロアーでお仕事をしていました。なんと弁護士の方だったのです。全く分かりませんでした。その方とお話をしてみると、弁護士も就職活動が都内では難しいと言っていました。若くして弁護士の資格を取得し、バッジを付けているのに、超就職氷河期時代から数年を経ても就職活動は弁護士も大変なんだと思いました。しかしながら、相当に難しい資格を持っているのだから立派だなあと思いました。

Page Top