前へ
次へ

弁護士資格を取得するためには

弁護士になるためには、まず司法試験に合格しなければなりません。その受験資格も、法科大学院と呼ばれる専門機関にて2年程度勉強をしなければなりません。その後、5年以内に司法試験に合格すれば、司法修習を経た後、弁護士となることができるのです。その試験の難易度は数多くの資格の中でもトップレベルで、相当な学力と精神力、集中力がなければ非常に困難なものと言えます。また、それを取得するまでの期間が長く、ストレートで合格する人は少ないので、人によっては20年近くかかるケースもめずらしくありません。また、大学院に通う費用等を考えれば非常に負担も大きいものです。しかし、それらを乗り越えて、晴れて弁護士となった暁には将来が約束されています。司法試験を受ける人たちが後をたたないのには、こういった理由があるのです。

Page Top